難加工材の塑性加工を可能とするハード・ソフト(シミュレーション)技術

keywords.jpg塑性加工(板,バルク),材料特性の決定,モデリングとシミュレーション,最適プロセス設計 

吉田 総仁 

FUSAHITO YOSHIDA

division.jpg広島大学 知能化生産工学講座

position.jpg理事

研究概要

研究内容

高張力鋼板,マグネシウムなど高機能ではあるが難加工な材料の特性をよく知り,塑性加工を可能とするような技術(ハード技術およびモデリング・シミュレーション,プロセス最適化などのソフト技術)について研究を進めている。
テーマとしては,例えば高張力鋼板のスプリングバックの予測とその抑制,マグネシウム板の温間成形,種々の金属材料の弾塑性特性の簡易決定法,板プレス,鍛造などにおける最適プロセス設計などがある。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

研究成果を基に,企業の抱えている個々の問題に具体的に答えるための共同・受託研究,技術指導等が可能である。

お問い合わせ