船型試験水槽の活用

keywords.jpg船型試験水槽,水槽試験,船舶,海洋構造物,模型試験 

安川 宏紀 

HIRONORI YASUKAWA

division.jpg工学研究院 エネルギー・環境部門 地球環境工学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

船舶や海洋構造物周りの流れ場やその性能を知るには,水槽試験が大変有効である。広島大学には,船型試験水槽と呼ばれる曳航型水槽を有する。本水槽の主要寸法は,長さ100m,最大幅10m,深さ3.5mであり,その大きさは国内大学の水槽設備として最大クラスの規模である。
水槽では,船や海洋構造物の模型を曳航電車で曳航し,模型の運動や模型に作用する流体力や運動等を計測する。曳航電車の最高速度は3.0m/secである。また,水槽の端部に設けられた電動プランジャー式一体型の造波機によって,海洋での波をシミュレートするための規則波,不規則波を造ることができる。規則波の発生可能波長は0.4~2.4m,最大波高は0.4mである。
 具体的には,船,海洋構造物,水中航走体,プロペラ等に関する次のような水槽試験を実施できる。・平水中試験(抵抗試験,自航試験,プロペラ単独試験) ・波浪中試験(動揺計測試験,強制動揺試験,波強制力試験) ・操縦性試験(斜航試験,舵角試験,平面強制運動試験,旋回運動試験) 

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心のある企業等との共同研究・受託研究は可能である。

本研究の特徴・優位性

現在,本水槽は大学における教育・基礎研究に利用されるばかりではなく,広く産業界のニーズに応え,船舶や海洋構造物の性能把握等に使用されている。

お問い合わせ