フェロセンをもつリン配位子

keywords.jpg有機リン化合物,フェロセン,金属錯体触媒,ナノ空間,磁場 

水田 勉 

TSUTOMU MIZUTA

division.jpg理学研究科 化学専攻 分子構造化学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

当研究室では、リン配位子に様々な機能を持たせることで,これらが遷移金属に結合した金属錯体に新たな反応性を発揮させることに取り組んでいる。 フェロセンは、酸化還元中心として有用である。
 フェロセンの上下のシクロペンタジエニル環を1つのリン原子で結ぶと、大きな立体歪をもつリン化合物が得られる。このリン化合物に光を照射すると、多量化が起こり、2量体からオリゴマーまでさまざまな多量体が得られる。これらの多量体は,複数のフェロセンをもつリン配位子として,多電子酸化可能な配位子として、またキレートが非常に嵩高い、触媒補助配位子としての用途が期待できる。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心ある研究機関、企業等と実用化に向けた共同研究、委託研究に取組む用意がある。

お問い合わせ