脂質高次構造内部のナノ空間を利用した高効率タンパク質結晶成長法の実用化

keywords.jpgタンパク質,結晶化,脂質,ナノ空間 

田中 晋平 

SHINPEI TANAKA

division.jpg総合科学研究科 総合科学専攻 環境自然科学講座

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

結晶化を必要としているタンパク質は通常稀少であり、結晶化に必要な量を確保できないというジレンマが存在する。
 我々の技術は脂質高次構造内部のナノメートルサイズの空間を利用することで、通常結晶化に必要なタンパク質濃度の数分の1のタンパク質で結晶化を可能にする。この技術の実用化によって、タンパク質結晶化に要する試料の量の大幅な削減を期待できる。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

技術の実用化に向けて、結晶化促進効果のメカニズムの解明と、この現象の普遍性の確認を企業との共同研究を通じて行いたい。

お問い合わせ