有用魚介類の寄生生物に関する研究

keywords.jpg寄生生物,魚介類,宿主,共進化,甲殻類 

大塚 攻 

SUSUMU OHTSUKA

division.jpg生物圏科学研究科 附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター 附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター

position.jpg教授

研究概要

研究内容

食用となる海産魚介類には多くの寄生生物が存在する。この中には人間が誤って食しても特に問題にならないものが多いが,深刻な症状を引き起こすものもある。また,養殖場においては寄生生物によって壊滅的な被害を起こすことも知られている。
 当研究室では魚介類の寄生生物,特に寄生性甲殻類の系統分類,生態を総合的に研究しており,寄生生物の同定,食の安全性,魚介類への危険性などについてアドバイスすることが可能である。 一方,寄生生物と宿主との関係は生物学的に見た場合,共進化のモデルとして大変優れており,小中高の教材としても推薦することができる。教育的に活用方法などについてもアドバイスをすることはできる。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

知見の提供,調査,コンサルティング,技術指導が可能である。

お問い合わせ