家畜生産現場における動物の行動モニタリング技術の開発

keywords.jpg行動モニタリング,動物行動,家畜生産,家畜管理,加速度センサー 

谷田 創 

HAJIME TANIDA

division.jpg生物圏科学研究科 附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター 附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター

position.jpg教授

研究概要

研究内容

家畜の生産現場において,動物の個体維持行動を自動的・持続的にモニタリングすることにより,飼養管理,繁殖管理,健康管理の向上につなげ,生産性の向上と家畜の福祉改善に大きく貢献することができる。
 具体的には,飼料摂食状況や発情時期,種付けのタイミングを正確に把握できるようになるだけでなく,異常行動を示す個体を察知することで疾病の早期発見・早期治療につながる。ところが,現状の動物行動のモニタリングは,飼育者による短時間の肉眼観察や研究者によるビデオカメラを用いた方法が主流であり,観察者間の誤差,個体識別の難しさ,画像解析に伴う膨大な労力と人件費を考えると生産現場にとって充分なものとはいえない。
 そこで当研究室では,加速度センサと温度センサからなる動物行動センサの開発及び動物の行動データの収集とデータベース化に取り組み中で,従来の画像解析に比べて安価かつ簡易で正確に把握できる「動物行動モニタリングシステム」の研究をしている。さらに,実験用・伴侶動物への適用を検討中である。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

センサの改良,データ収集方法,実用化等について,関心ある企業との共同研究を希望している。

お問い合わせ