シミュレーションによる製品のライフサイクルの多面的評価

keywords.jpgライフサイクル工学,リサイクル,リユース,シミュレーション,循環型生産 

村山 長 

TAKESHI MURAYAMA

division.jpg医歯薬保健学研究院 統合健康科学部門 医療システム・生体材料工学研究室

position.jpg教授

研究概要

研究内容

最近,資源枯渇や廃棄物処分場の不足が深刻な問題となり,それに伴い廃棄物のリサイクルの必要性が広く認識されるようになった。このリサイクルを推進するためには,廃棄物がうまく循環し,環境に優しく,かつ経済的にも成立する製品の適切なライフサイクル(資源採取,素材製造,製品製造,使用からリサイクル,廃棄まで)を製品開発時やリサイクル計画時に検討する必要がある。
 当研究室では,このようなライフサイクルの適切性を評価する方法を開発している。この方法では,製品のライフサイクルをカラーペトリネットでモデル化し,そのモデルを用いて物(原材料,部品,製品,再生材など)と金銭の流れをシミュレーションすることにより,(1)物の循環の良否,(2)製品がそのライフサイクルを通して環境問題に与える影響,(3)ライフサイクルの経済性,を評価する。この方法により,従来のライフサイクルアセスメントでは不可能であった時間の経過に伴う環境負荷の変化を評価する事が可能となり,また,ライフサイクルに関わる各業者の採算性も評価できる。このような評価を通して,環境に優しく,かつ経済的にも成立するライフサイクルを計画することが可能となる。
(注)カラーペトリネット:モデル化手法の一種

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

このような研究分野に関心のある企業等との間で共同研究・受託研究・技術指導が可能である。

お問い合わせ