素粒子理論に基づく物質生成機構の解明、宇宙初期の物理過程の解明

keywords.jpg素粒子理論,反物質,CP の破れ,ニュートリノ,中間子 

両角 卓也 

TAKUYA MOROZUMI

division.jpg理学研究科 物理科学専攻 宇宙・素粒子科学講座

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

当研究室では、宇宙の物質、反物質非対称性を素粒子理論に基づいて解明する研究を行っている。
 一方、理論を検証する実験が世界各地で行われ計画されている。日本では、(Super)Bファクトリー(高エネルギー研)やニュートリノ振動実験、K中間子稀崩壊実験などがある。これらには高度の素粒子検出器が使われている。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心ある団体、教育機関等に対し、このような試みがどのように生まれ、新たな知見として何が確立しつつあるのかなどについての解説や講座等への協力が可能である。

お問い合わせ