非火山性深部低周波微動の震源の自動モニタリング

keywords.jpgランダム波形,自動検出,自動震源決定,リアルタイム地震学 

須田 直樹 

NAOKI SUDA

division.jpg理学研究科 地球惑星システム学専攻 地球惑星システム学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

西南日本では低周波微動と呼ばれるランダムな波形を示す微弱な地震が多数発生している。これらの発生は海溝型巨大地震の発生と関連を持つと考えられ、常時モニタリングを行うことは重要である。しかし、その波形の特徴から、通常の地震の自動モニタリングに用いられてきた方法をそのまま適用することはできない。
 我々は、低周波微動の検出および震源決定のための新しい方法を開発し、それを衛星通信で送られてくる地震波形データにリアルタイムで適用し、これまで行われてこなかった低周波微動の時空間的な活動の自動モニタリングを行う研究を進めている。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心ある研究機関、企業などと共同研究に取組む用意がある。

お問い合わせ