リマニュファクチャリングのための生産管理法

keywords.jpgリマニュファクチャリング,インバースマニュファクチャリング,リサイクル,リユース,生産管理 

村山 長 

TAKESHI MURAYAMA

division.jpg医歯薬保健学研究院 統合健康科学部門 医療システム・生体材料工学研究室

position.jpg教授

研究概要

研究内容

リマニュファクチャリングとは使用済み製品を新品同様の状態に再生するプロセスであり,このプロセスでは,製品は完全に分解され,リユース可能な部品は洗浄・再生(再加工)の後,必要があれば新規部品を加えて再組立される。しかし,このようなリマニュファクチャリングでは,再加工時間や入荷時期等の様々な不確定性のため,その生産計画や管理が極めて困難になる。
 当研究室では,この問題を解決する方法論を開発している。この方法論では,製品の信頼性モデルや過去の使用時間を基に不確定な事項を推定して生産計画を立て,それに基づいて作業を実行し,作業中に不確定であった事項が明らかになってくると適宜,適切な意思決定を行ない,生産を遂行する。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

このような研究分野に関心のある企業等との間で共同研究・受託研究・技術指導が可能である。

お問い合わせ