量子化学シミュレーションによって反応性や物性を知る

keywords.jpg計算化学,分子軌道法,分子動力学法,クラスター,化学反応 

相田 美砂子 

MISAKO AIDA

division.jpg理学研究科 化学専攻 分子反応化学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

溶液中における化学反応のメカニズムや、分子集積体(クラスター)の構造や物性を明らかにするためには、ある温度のもとで,分子が時間とともにどのように変化するのかを知る必要がある。
 非常に大量の構造およびそれらのエネルギーを理論計算し、それらに統計処理を施すことによって実測値と同等な値を出すことができるようになった。この手法を我々は「量子化学シミュレーション」とよぶ。コンピュータの能力が大きくなったので実現可能となった、量子化学の手法に基づいた計算機シミュレーションである。実験では見出すことのできない反応の経路、溶媒の役割、非常に短寿命の中間体などの情報も得ることができる。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この手法に関心ある研究機関や企業と共同研究、委託研究等に取り組む用意がある。

お問い合わせ