プロダクト・デザインと商品開発

keywords.jpg 

江崎 哲 

AKIRA ESAKI

division.jpg教育学研究科 生涯活動教育学専攻 造形芸術教育学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

現代社会において,デザインはあらゆるモノに関係する。しかも極めて重要な要素のひとつである。さらに一口にデザインと言っても,印刷物や映像のようなビジュアルコミュニケーション・デザインから,製品や住宅のようなプロダクト・デザインまで多岐の分野に渡っている。
 当研究室ではその中で特に商品開発に関するプロダクト・デザインを研究している。一般にデザインと言うと「色 ,形」を考えるだけのスタイリングデザインを思い浮かべがちであるが,それはデザインの一部であり,実際には市場調査から始まって商品企画,商品コンセプトの設定,スタイリングデザイン,セールスプロモーションまでと,一連のマーケティング活動の全てがプロダクト・デザインの範疇に含まれる。
 具体的には,家庭電化製品のようなマスプロダクションされる機器から,器や玩具,伝統産品のようなクラフト品に近い雑貨までのデザイン制作が可能であり,また素材に関しても樹脂,金属から木製品までと幅広い種類の材料に対応できる。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

1. プロダクト・デザイン

2. 商品開発

3. マーケティング

お問い合わせ