中国古小説の読書会

keywords.jpg中国古小説,魯迅,鬼(幽霊),別世界,異類婚 

富永 一登 

KAZUTO TOMINAGA

division.jpg文学研究科 人文学専攻 日本・中国文学語学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

中国の小説は、宮中や民間で語られていた怪奇な話を記録したことから始まる。後漢末期から六朝時代にかけて、民間伝説・幽霊や神仙などの超自然現象を記録した短編の説話集が多数編纂された。これを六朝志怪と総称する。唐代になると、志怪に加えて意識的に創作された作品も登場してくる。これを唐代伝奇小説と呼ぶ。そこには、男女の恋、豪傑の活躍、僧侶や道士の霊験、落第書生の不思議な体験など当時の人間社会の様々な側面が描かれている。
中国古小説を読みながら、発想のおもしろさを味わうとともに、小説の芽生えと成長、そして日本の文化に与えた影響も考えるような読書会や講座などへの協力が可能である。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

このテーマに関する講演,助言などが可能である。 
応用分野
日本文化との比較

本研究の特徴・優位性

従来の所謂漢文教材では取り上げられることが少なかった資料を通して、日本文化との関わりを考えることができる。

detailsubtitle3.jpg

魯迅輯『古小説鉤沈』校釈──『列異伝』──

お問い合わせ