無線方式で小動物脳内の複数ニューロン活動を同時に遠隔記録できるシステムの開発

keywords.jpg魚,脳,ニューロン,LSI,遠隔記録 

植松 一眞 

KAZUMASA UEMATSU

division.jpg生物圏科学研究科 生物資源科学専攻 水圏生物生産学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

魚は脊椎動物の中でも比較的単純な神経系を持っているが、基本的な中枢機構には他の脊椎動物と共通する部分が多くあると考えられる。
 当研究室では、魚の様々な行動発現における神経機構について、脳内の神経連絡や筋運動の制御などに関する研究を行っている。その中で、魚の行動の背景にある中枢神経系の働きを解明するために、自由遊泳中の魚の神経活動を無線で送信することにより、複数のニューロン活動を同時に遠隔記録できるシステムの開発に先端物質科学研究科と共同で取り組んでいる。この技術は将来的にはヒトを含む他の動物にも応用できると考えられる。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

今後このような技術に関心ある研究機関、企業などと、開発促進、実用化に向けた共同研究、委託研究に取り組む用意がある。

お問い合わせ