新興分野人材養成―ナノテク・バイオ・IT融合教育

keywords.jpgナノ,バイオ,インフォ,生命科学,情報科学 

相田 美砂子 

MISAKO AIDA

division.jpg理学研究科 化学専攻 分子反応化学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

現在,研究や開発の場で計算機の果たす役割は非常に大きい。 計算機を使いこなすことが研究や開発の進展にとって重要である。我々は科学技術振興調整費新興分野人材養成「ナノテク・バイオ・IT融合教育プログラム」を遂行している。
 本人材養成プログラムの最大の特徴は,コンピュータ・プログラミングの設計技術を持ち,コンピュータケミストリーとバイオインフォマティクスをつなぐ知識と技術を持つ研究者あるいは技術者を養成することにある。生体系をシステムとして捉えるポストゲノムの時代に必要とされているのは,個々のケースに応じたソフトウェア,すなわち「カスタムメイド・ソフトウェア」を作ることのできる人材であり,そのような人材は,ナノテク(物質科学)・バイオ(生命科学)・IT(情報科学)の融合領域においてこそ,養成することができる。さらに,これらの分野の単なる融合ではなく,ソフトウェア開発という実践力をもった人材養成を行うことによって,ナノテクノロジーとバイオテクノロジーとが融合した新たな産業の創出をもたらし,日本経済の再建と日本発の新産業を世界に発信することができる。 

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

このような人材養成を必要とする企業・研究機関等から研究員を受け入れる用意がある。

お問い合わせ