卵分化をモデルにした細胞の初期化機構の解析

keywords.jpg卵分化,細胞の初期化,幹細胞,細胞周期,再生医学 

古野 伸明 

NOBUAKI FURUNO

division.jpg理学研究科 附属両生類研究施設 分化制御機構研究部門

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

再生医学が注目されているが、その中心の1つはあらゆる器官に分化する幹細胞の作製である。
 当研究室では、究極の幹細胞は卵であるという考えに基づいて、分化した体細胞を幹細胞に戻すこと(細胞の初期化)を目標とした研究に取り組んでいる。分化した細胞がいかに卵と同じ状態(あらゆる器官に分化しうる状態)になるかを、卵細胞がいかにして発生過程で分化するかという問題に還元して、初期化機構の解明に取り組んでいる。
 卵特異的に発現する遺伝子の発現領域や、その発現を卵特異的に調節する転写因子/調節因子がみつかれば、それを分化細胞に発現させると幹細胞へのスイッチがおこると考えられ、あらゆる器官に分化する幹細胞を作成できる可能性がある。これによれば、従来のようにある器官に分化する幹細胞を多量に集めたり、大量培養することが不要になる。
 また、この種の研究に必要である、細胞や、アフリカツメガエル卵を扱う技術や、それらに対するマイクロインジェクションの技術も有している。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

関心ある企業などとの共同研究を希望する。

お問い合わせ