シトクロムcの電子伝達反応の機構解明によるエネルギー変換装置の創出

keywords.jpg蛋白質間電子伝達,シトクロムc,未利用エネルギーの生物変換 

三本木 至宏 

YOSHIHIRO SANBONGI

division.jpg生物圏科学研究科 生物機能開発学専攻 分子生命開発学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

シトクロムcの機能は,生体膜上で電子を運ぶことである。多様な生育形態をもつ微生物は,シトクロムcが他の電子伝達蛋白質と相互作用し,様々な有機・無機化合物から電子を引き抜いてエネルギーを得ている。このようなシトクロムcの機能によって,それぞれの微生物は,自身がおかれた環境中の地球化学エネルギーを積極的に利用している。
 当研究室では,シトクロムc及びその他の電子伝達蛋白質の機能である電子伝達反応を測定し,その反応機構を立体構造情報とあわせて明らかにする研究を進めている。また,シトクロムcなどの電子伝達蛋白質に一分子操作技術を適用し,生体分子機能を組み合わせたエネルギー変換装置を創出するなど,生物機能を利用した新しいエネルギー生産技術の確立を目指している。本テーマは,電子の制御に係わるため,蛋白質でできたバイオ電池創出の可能性を開く。
※シトクロムc:生物のエネルギー代謝に必須な電子伝達蛋白質で,微生物から植物や動物に至る多くの生物がもつ。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

今後,関心ある研究機関や企業等との共同研究を進めたい。

お問い合わせ