地形・地質の調査・分析に基づく自然災害危険度の評価

keywords.jpg自然災害,環境変動,地震,火山噴火,土砂災害 

奥村 晃史 

KOJI OKUMURA

division.jpg文学研究科 人文学専攻 地表圏システム学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

水害や土砂災害,地震,火山噴火等の自然災害や人間活動に大きな影響を与える環境変動は,数十年~数万年という時間スケールで繰り返し発生している.ある地点や地域の自然災害や環境変動の可能性を知り,合理的に対応するには,現象の規模と発生確率を定量的に明らかにする必要がある.地形と表層地質には現在から数十万年前までの自然災害や環境変化の情報が記録されている.
 当研究室では,この情報を自然の中から取りだし,分析する研究を進めており,日本国内と欧米諸国の研究者およびコンサルタント会社との間に築いたネットワークを駆使して,最新の手法を用いた分析と成果の応用を可能にしている.
 地震履歴,火山噴火履歴,災害地形等の調査・分析を基にした各種ハザードマップの作成や特定地点の災害リスクの評価など,長期的な視野にたって災害のリスクを管理し,計画的に災害軽減へ取り組む活動に対し指導・助言を行う用意がある.

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心のある企業等との共同研究・受託研究は可能である。

知見の提供,調査,コンサルティング,技術指導が可能である。
応用分野
土木工学・地震工学・防災施策・災害保険および再保険

本研究の特徴・優位性

災害ポテンシャルを無視した無駄な対策を軽減して,合理的に災害施策をじっしすることができる.

detailsubtitle3.jpg

第6009958号 地層採取装置及び地層観察方法 2000/1/4 アメリカ 第2981542号 地層採取装置 1999/9/24 日本

お問い合わせ