広島市における大気汚染予測シミュレーション法に関する研究

keywords.jpg大気環境,広島市,大気シミュレーション,気象モデル,深層水取水・放水 

陸田 秀実 

HIDEMI MUTSUDA

division.jpg工学研究院 エネルギー・環境部門 地球環境工学講座

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

広島市における硝酸塩・硫酸塩の化学反応プロセスによる酸性雨・酸性霧は,都市周辺の大気環境・植生に様々な影響を与えており,その実態解明と予測が緊急課題となっている。
 当研究室では,局地気象モデルに,大気化学反応モデルを導入し,広島市周辺の海陸風及び複雑地形を考慮した大気汚染予測シミュレーション法の研究を進めている。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

今後,関心ある関連機関や企業等との実用化に向けた共同研究を行いたい。

お問い合わせ