コンピュータによる数式処理の利用

keywords.jpg数式処理,REDUCE 

伊藤 雅明 

MASAAKI ITOU

division.jpg工学研究院 情報部門 コンピュータ・システム工学講座

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

理工学分野をはじめ、さまざまな分野でコンピュータによる計算が行われるが、主体は数値計算である。 一方、非線形現象等の解析において、計算精度が問題になる場合や、解析解による理論的検討が必要になるケースもある。このような場合には、コンピュータによる数式処理が有効な手段になり得る。数式処理は、計算機に複雑な式の展開や微分方程式の解析解などを求めさせるもので、最近では数学の分野でも使われてその有効性が認められており、利用範囲はさらに広がると予想される。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

当研究室では、長年数式処理プログラムの開発や数学問題への応用を進めており,この分野に関心のある企業や研究機関に対し、共同研究、委託研究、指導・助言が可能である。,
応用分野
機械工学

本研究の特徴・優位性

計算誤差を含まない厳密な解析ができる.

detailsubtitle3.jpg

M. Gao, Y. Kato and M. Ito: A REDUCE package for finding conserved densities of systems of implicit difference-difference equations. Computer Physics Communications,Vol. 160 (2004), 69-89.

お問い合わせ