⾦属間化合物強化複合材料及びその製造⽅法

大学院先進理工系科学研究科 崔 龍範 准教授産業分類 : 金属製品製造業
氏名 崔 龍範 | チェ ヨンボン
所属大学院先進理工系科学研究科
職階准教授
研究者総覧https://seeds.office.hiroshima-u.ac.jp/profile/ja.ee5123e689f67765520e17560c007669.html

産業分類 : 金属製品製造業

アピールポイント

 ● 複合材料のプロセスの簡略化可
 ● 高性能及び低コスト可
 ● 形状自由度可

アピールポイント

 ● 複合材料のプロセスの簡略化可
 ● 高性能及び低コスト可
 ● 形状自由度可

研究者のねらい

アルミニウム合金を母材とする強化複合材料において、アルミニウム合金中に金属間化合物が均一に分散させ、強度および耐摩耗性に優れる強化複合材料を、形状の自由度を確保しつつ低コストで製造する技術を提供することにある。

研究内容

従来から、種々の要求に適合する材料を実現するべく単体の材料では持ち合わせなかった特性を有する、異質な材料を組み合わせた複合材料の開発が様々な分野で行われている。例えば、金属材料の分野においては、アルミニウムの特徴である軽さを維持したまま、その強度や耐摩耗性を向上させるべく、様々な方法でにより、アルミニウム材料にセラミックス粒子を分散複合化させたセラミックス粒子分散複合アルミニウムを製造する研究例が多い。本研究は、これらとは異なる製造方法として、金属多孔体を溶融金属で含侵させ、ニッケルとアルミの反応性を利用してアルミニウム合金マトリックス中に微細な金属間化合物が分散されることによる分散性の制御及び形状の自由度を上げられる。

備考

特許権, 特許第5988667,⾦属間化合物強化複合材料及びその製造⽅法
研究室HP: https://home.hiroshima-u.ac.jp/~zaishitu/Researchgate
HP:https://www.researchgate.net/profile/Yong_Choi19
Email:ybchoi@hiroshima-u.ac.jp
お問合せ:
広島大学産学連携推進部 (techrd@hiroshima-u.ac.jp)
Copyright © 2021 - Hiroshima University. All Rights Reserved.