微生物細胞内で発現しているmRNAの特異的直接検出
微生物菌叢内の「誰が何をしているのか?」を可視化

大学院統合生命科学研究科 岡村 好子 教授産業分類 : 農業,林業

産業分類 : 農業,林業

アピールポイント

 ● mRNAの配列特異的に蛍光標識するため生菌だけを検出。DNAとは反応しないのでゲノム由来のノイズはゼロ
 ● グラム陽性菌・陰性菌が混在している状態でもペプチドクリカンの厚みに関係なく同時検出可能
 ● 1細胞レベルで可視化され、共生関係など微生物の相互作用の解明や、難培養細菌の有用遺伝子探索に最適

アピールポイント

 ● mRNAの配列特異的に蛍光標識するため生菌だけを検出。DNAとは反応しないのでゲノム由来のノイズはゼロ
 ● グラム陽性菌・陰性菌が混在している状態でもペプチドクリカンの厚みに関係なく同時検出可能
 ● 1細胞レベルで可視化され、共生関係など微生物の相互作用の解明や、難培養細菌の有用遺伝子探索に最適

研究者のねらい

抗生物質やサプリメント剤など微生物の有用機能物質は私達の生活の中で様々に利用されていますが、これまでの微生物研究は単菌分離培養が可能な種のみが対象でした。しかし、環境中の99%以上の微生物は単菌分離培養が難しいことから、これらの微生物資源・遺伝子資源の利用方法として、近年では遺伝子配列を読む「メタゲノム解析」が身近なツールになりました。一方、得られる情報はバラバラにされた遺伝子配列です。そこで、「誰がどの遺伝子を持っているのか?」を可視化することにしました。さらにその遺伝子が機能しているかどうかを知るために、mRNAを標的分子に選びました。

研究内容

備考

特許:特願2017-085299「RNA検出方法」
論文:1. H. Takahashi et al. Scientific Reports, 8, 7770. (2018) ; 2. H. Takahashi et al. Scientific Reports, 10, 9588. (2020).
プレスリリース:https://www.hiroshima-u.ac.jp/news/58447
研究室HP:http://www.okamuray.hiroshima-u.ac.jp/
お問合せ:
広島大学産学連携推進部 (techrd@hiroshima-u.ac.jp)
Copyright © 2021 - Hiroshima University. All Rights Reserved.