生物発光を用いた迅速かつ高感度バイオアッセイ法を確立

大学院統合生命科学研究科 黒田 章夫 教授産業分類 : 製造業

産業分類 : 製造業

アピールポイント

 ● ルシフェリン派生体を使うことで、種々のバイオアッセイを高感度で実施可能
 ● 成功例として、リムルス反応と高輝度ルシフェラーゼの組合わせでエンドトキシンを計測した(生物発光ET)
 ● 生物発光ETの特徴は迅速性(0.001 EU/mLを10分で測定)、透析液のエンドトキシン検査で保険適応

アピールポイント

 ● ルシフェリン派生体を使うことで、種々のバイオアッセイを高感度で実施可能
 ● 成功例として、リムルス反応と高輝度ルシフェラーゼの組合わせでエンドトキシンを計測した(生物発光ET)
 ● 生物発光ETの特徴は迅速性(0.001 EU/mLを10分で測定)、透析液のエンドトキシン検査で保険適応

研究者のねらい

ルシフェリン派生体を使うことで、種々のバイオアッセイを高感度で実施可能になる。成功例として、リムルス試薬の
発光基質と高輝度ルシフェラーゼを組み合わせたエンドトキシン検出法は、従来の濁度や発色による検査に比べ、シグ
ナル/ノイズ比が高く、高感度である。東亜DKKと共同で、本反応の自動化に成功し、安定した検査が可能になった。

研究内容

例えば、ルシフェリンに付加するペプチドを変えれば、プロテアーゼの高感度検査になる。また、ルシフェリンに糖鎖
を付加すれば、糖鎖分解酵素の検査ができる(例えば、シアル酸を付加すれば、タミフルのターゲットであるインフル
エンザのノイラミニダーゼが高感度に検出できる。タミフル耐性かどうかの検査も迅速にできる特許をすでに取得)。
今後、企業ニーズに応じた種々バイオアッセイへの応用展開、共同研究の申し込みを期待している。

備考

・特許第5403516号 
・特許第5813723号 
お問合せ:
広島大学産学連携推進部 (techrd@hiroshima-u.ac.jp)
Copyright © 2021 - Hiroshima University. All Rights Reserved.