構造制御したπ共役系化合物の開発
~オプトエレクトロニクスデバイス用材料への応用~

大学院工学研究科 今榮 一郎 准教授産業分類 : 分類不能の産業

産業分類 : 分類不能の産業

アピールポイント

 ● 有機合成化学的手法による自在な材料設計
 ● 制御構造に基づく自在な電子物性制御
 ● オプトエレクトロニクスデバイスへの応用

アピールポイント

 ● 有機合成化学的手法による自在な材料設計
 ● 制御構造に基づく自在な電子物性制御
 ● オプトエレクトロニクスデバイスへの応用

研究者のねらい

ポリチオフェンに代表されるπ共役系高分子は、中性状態で半導体的特性、ドープ(酸化あるいは還元)状態で金属的電気伝導性を示すなどユニークな特徴を数多く有することから、これらの特徴をいかしたエレクトロクロミックディスプレイ、エレクトロルミネッセンス (EL) ディスプレイ、電界効果トランジスタ、二次電池、太陽電池、熱電池(熱電変換素子)など幅広い分野のオプトエレクトロニクスデバイスへの応用に期待がもたれ、現在も基礎・応用双方の観点から盛んに研究が行われている。本研究では、有機合成化学的な手法で分子構造を自在に制御した様々なπ共役系化合物を設計・合成し、上述したオプトエレクトロニクスデバイスへ応用することを目指している。

研究内容

Grignard反応やStille反応、Suzuki反応など典型的な有機合成化学的手法で分子構造制御した新規なπ共役系化合物を設計・合成する。得られた化合物の分子特性(光学的性質、電気化学的性質、電気的性質、熱的性質など)を分子構造と関連付けて解析する。蒸着装置やスピンコーター、ドクターブレードなどを用いて実際にエレクトロクロミックディスプレイや太陽電池、熱電池といったデバイスの作製を行い、デバイス特性を評価する。分子特性やデバイス特性から得られた情報をフィードバックし、デバイスの更なる高性能化を目指した材料開発のための分子設計指針を行う。

備考

Webサイト:https://home.hiroshima-u.ac.jp/imae/index-j.html
お問合せ:
広島大学産学・地域連携推進部 (techrd@hiroshima-u.ac.jp)
Copyright © 2020 - Hiroshima University. All Rights Reserved.