CCSへの応用をめざした二酸化炭素固体吸着剤の開発

大学院工学研究科 犬丸 啓 教授産業分類 : 電気・ガス・熱供給・水道業

産業分類 : 電気・ガス・熱供給・水道業

アピールポイント

 ● CCSにおけるCO2分離回収コストを大幅低減できる無機CO2吸着剤
 ● ユビキタス元素(ありふれた安価な元素)をもちいた安価・安全な二酸化炭素吸着剤
 ● 元素をかえると,吸着・脱離温度をチューニング可能

アピールポイント

 ● CCSにおけるCO2分離回収コストを大幅低減できる無機CO2吸着剤
 ● ユビキタス元素(ありふれた安価な元素)をもちいた安価・安全な二酸化炭素吸着剤
 ● 元素をかえると,吸着・脱離温度をチューニング可能

研究者のねらい

火力発電所などのCO2の大量の固定発生源からのCO2分離回収技術にブレークスルーをもたらすことを目指す.現在検討されている技術の一番の問題点は,CO2回収に必要なエネルギーがとても大きいことである.すなわち,現在有力な吸収剤であるアミン系水溶液は吸着剤の熱容量とCO2の脱離エネルギーが大きく,CO2回収に要するエネルギーが大きい.従って,最も重要な課題はCO2回収に必要なエネルギーを低減することである.本技術は,アミン水溶液よりはるかに低熱容量の無機固体のCO2吸着剤を提供する.

研究内容

層状複水酸化物(Layered Double Hydroxide; LDH)と呼ばれる無機化合物をもちいたCO2吸着剤である.現在,実用化されつつある有機アミン水溶液と比較して,無機化合物の熱容量はとても小さいので,CO2の吸着(吸収)-脱離回収サイクルに必要な熱量を大幅に低減できる可能性がある.
お問合せ:
広島大学産学・地域連携推進部 (techrd@hiroshima-u.ac.jp)
Copyright © 2020 - Hiroshima University. All Rights Reserved.