音響トモグラフィー技術を用いた沿岸海洋環境調査

keywords.jpg沿岸音響トモグラフィー,海洋計測, 断層撮影, 潮流場, 環境変動 

金子 新 

ARATA KANEKO

division.jpg工学研究院 社会環境空間部門 地球環境工学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

音響トモグラフィーは,海中を高速で伝播する音波を利用して,非常に短時間のうちに海洋の水温・流速場の三次元構造を断層撮影(スナップショット)できる最新の海洋計測法である。 これまで,我が国の沿岸海洋では,船舶の通行や漁船の操業確保のため,対象海域全体の沿岸潮流を長期間,連続して計測調査することは困難であった。
 本研究室では,この困難な状況を克服するため,この沿岸音響トモグラフィー技術に着目し,多数の音響局から構成された本格的なシステムとその解析法を開発した。 この技術の開発により,これまで計測困難とされていた関門海峡、東京湾、広島湾の時々刻々変化する潮流場を精度よく計測できるようになった。 この技術は,流れを三次元で継続的に測定できるので,沿岸海洋で多発する赤潮予測や環境アセスメント調査などにも応用可能である。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

1)様々な沿岸海洋環境調査のために,この技術(システム及び解析法)を用いて,共同研究や技術指導を行いたい。2)知見の提供,調査,コンサルティング,技術指導が可能である。    3)本研究の適用・応用について共同研究を希望する。
応用分野
危険海峡潮流分布モニタリング、河川流量モニタリング、発電所温排水拡散モニタリング、浅海地下水流出分布計測、深海熱水噴出分布計測

本研究の特徴・優位性

1)海岸(岸壁、防波堤)を利用した沿岸潮流分布の遠隔計測 2)GPSを利用した音波の高精度伝播時間計測 3)環境雑音に強い擬似ランダム信号の一種であるM系列の送受信

detailsubtitle3.jpg

Kaneko, A., K. Yamaguchi, T. Yamamoto, N. Gohda and H. Zheng: A coastal acoustic tomography experiment in Tokyo Bay.                   Acta Oceanologica Sinica, 24(1), 86-94, 2005.

お問い合わせ