世界初!室温で1つの分子に情報記録
~単分子で強誘電特性を観測、記録密度が1000倍に~

大学院先進理工系科学研究科 西原 禎文 教授産業分類 : 製造業

産業分類 : 製造業

アピールポイント

 ● 単分子であっても強誘電性を示す「単分子誘導体」の存在を世界で初めて実証
 ● 市販されている不揮発性メモリーの記録密度を1000倍以上向上させることが可能
 ● 「単分子誘導体」の特性は室温以上で観測されることから、実用化に適する

アピールポイント

 ● 単分子であっても強誘電性を示す「単分子誘導体」の存在を世界で初めて実証
 ● 市販されている不揮発性メモリーの記録密度を1000倍以上向上させることが可能
 ● 「単分子誘導体」の特性は室温以上で観測されることから、実用化に適する

研究者のねらい

ビッグデータ活用やIoT産業の活性化が進む中,大容量ストレージの必要性がますます高まっている。しかし一方で,近々,記録密度が物理的限界を迎えることが指摘されており,国内外のメモリ業界で解決困難な重要課題として鎮座している。そこで、単一分子で分極ヒステリシス(メモリ効果)を示す、単分子誘電体を実用化し、記録密度の飛躍的向上を目指す。

研究内容

広島大学大学院理学研究科の西原禎文准教授、加藤智佐都博士(元大学院生)らの研究チームは、室温で強誘電性(メモリ効果)を示す分子の存在を世界で初めて突き止めた。今回開発した物質を用いることで、市販されている不揮発性メモリーの記録密度を1000倍以上向上させることが可能になる。

備考

【論文】C Kato, R Machida, R Maruyama, R Tsunashima, X Ren, M Kurmoo, K Inoue, S Nishihara. Giant Hysteretic Single-Molecule Electric Polarisation Switching above Room Temperature. Angewandte Chemie International Edition. DOI: 10.1002/anie.201806803
お問合せ:
広島大学産学連携推進部 (techrd@hiroshima-u.ac.jp)
Copyright © 2021 - Hiroshima University. All Rights Reserved.