化学的劣化を受けるコンクリート構造物の耐久性評価

大学院工学研究科 河合 研至 教授

概要

研究内容
塩害や中性化,アルカリ骨材反応,化学的侵食等,コンクリート構造物に化学的な劣化作用を及ぼす要因に関する構造物の性能照査を,新設,既設を問わず実施できる評価システムの開発を行っている。
 これまでに,炭酸化に伴う硬化体内部の物質移動,好気性微生物によって引き起こされる酸性劣化,硫酸劣化,コンクリートからの重金属溶出等をテーマとして研究を行っており,これらを総合してコンクリートの化学的な耐久性を長期にわたって予測可能となるシステムの構築を目指している。

お問合せ:
広島大学 産学・地域連携センター (techrd@hiroshima-u.ac.jp)
Copyright © 2019 - Hiroshima University. All Rights Reserved.